カテゴリ:未分類( 1637 )

小説

私は小説を読むのが、牛歩並みに遅い。
書かれている文章が、頭の中に光景として浮かばないと、先へ進めない。
進んだと思ったら、自分の過去と照らし合わせ、牛がモゴモゴ反芻するように、読んでは戻って、繰り返す。

by inaw | 2020-02-03 10:11

漢字

自分は学がないから、漢字が読めない。
意味は理解出来ても、音に出して読む事が出来ない。
だから読めない字は調べて、手帳に10回書いている。
小学生の宿題のように。

by inaw | 2020-01-24 14:07

映画

10代の頃、バイトの休みを水曜日にしていた。
理由は、映画館がレディースデイで安かったから。

子供を産んで、映画館にはあまり行かなくなった。
最近、また足を運ぶようになり、自分が映画を好きなことを思い出した。

単純に面白いから見ているのだけれど、正直楽な娯楽だと思う。
ただ座っているだけで、色々なものを与えてくれるのだから。

by inaw | 2020-01-18 11:52

ドクダミ

ドクダミ茶が、うちの庭に雑草として生えているドクダミと、全く同じ匂いがする。
いや、そりゃそうなんだけど。

by inaw | 2020-01-14 12:52

目標

思うようにいかないことも、楽しめるようになりたい。
by inaw | 2020-01-08 17:35

俳句

俳句が好きな理由に、情景もそうだが、形が好きだ。
五七五が縦書きなら、おみくじの筒を下に向けて棒が出てきたあの形。
漫画の吹き出し内も、あの形が理想だと思っている。

by inaw | 2020-01-04 11:35

師走

年末だからといって自分の生活に変わりはなく。
けれど忙しそうな周りの人たちにフードが引っかかって釣られてわたわたなっている。

by inaw | 2019-12-23 16:35

回路

すぐ落ち込むけれど、すぐ立ち直る。
あまりに単純な思考回路に、我ながら驚くことがある。

by inaw | 2019-12-18 22:10

扇子

前回の『私と別マガ』の2ページ目・1コマ目の背景に描いてある通り、本棚に扇子を飾っている。

扇子_a0100923_17134580.jpg















棋士の扇子ではなく、森下裕美先生の扇子。


by inaw | 2019-12-16 17:20

原稿

目の前にある原稿がびっくりする程つまらなく、けれど描かないことには前にも後ろにも進めず、ペンを握りしめながら悶え死にそうになることが多々、多々ある。
by inaw | 2019-12-10 10:12