<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

去年、雪が降った時に旦那と雪だるま対決をした。
普段は性格の合わない2人だが、こういう時にムキになるところは一緒である。

a0100923_1393857.jpg









私が作った雪だるまと長ぐつ。
まぁ、定跡か。

a0100923_139542.jpg









旦那が作った…えーっと…何だこれは…?
泥だらけになった真ん中の物体は白鳥だかネッシーだか言っていた気がするが、よく覚えていない。
当時はまだ3歳で雪だるま作りの労力とならない息子が「さむいよ…もうおへやはいる…」と、
必死に雪をかき集めるバカな親2人の横で泣いていたことはよく覚えているのだが。

今朝、寒いと思っていたら雪が降ってきましたね。
今年も積もるかな。
by inaw | 2009-02-27 13:13

絵文字

携帯から投稿すると絵文字が表示されるのか。
嫌だな。まるで浮かれて自分で打ったみたいではないか。
「携帯から初カキコ!ちゃんと反映されるかドッキドキ!!」みたいな。
……や、やめてください。

今日は五美大の卒業制作展。
また本を忘れた。
by inaw | 2009-02-26 11:18

卒制展

課題に行き詰まり、気分転換に見に行った卒制展。
絵画や彫刻などたくさんの作品を見て一番刺激を受けたのは、偶然会場で会った大学の先生の一言だった。

「君は

美術館へ行くと必ず頭痛がするのはなぜだろう。
by inaw | 2009-02-25 03:14

電車の中

電車の中。
なんとなく立っていたい。
そんな気分の時にかぎって、自分の前の席が何度も空く。
本を忘れた車内では一体何をすればいいのだろう。
あぁ、そうか。携帯小説はこういう時に生まれるのか。

『電車の中』
なぜ誰も彼を気に留めないのだ。
混みあった電車の中、明らかに彼は浮いているではないか。
頭のてっぺんから足のつま先まで全身に羊の毛皮をまとった男が

…飽きた。
このiPodから伊集院光さんのラジオが聞こえてくればいいのに。
今から芸大の卒業制作展を見に上野へ行ってきます。
by inaw | 2009-02-24 11:25

チョコペン

余ったチョコペンをラップの上に網状で描き、薄っぺらいチョコレートを作った。
なんて斬新な発想!と自画自賛するも、固まったチョコレートを口に運ぶとそれはただの紗々だった。
by inaw | 2009-02-17 05:05

チョコレート

まぁ。少しだけなら。

a0100923_5441135.jpg









うむ。おいしくなさそうだ。
by inaw | 2009-02-16 05:46

バレンタインデー

ダイエットをしている人にチョコレートはあげられない。

a0100923_4295643.jpg









いいかげんに自分で服を買いに行ってください。
by inaw | 2009-02-15 04:30

対片上さん戦

旦那のページにある息子の将棋の解説には一部誤りがある。

a0100923_3223654.jpg










図の「その前からずーっと▲2二竜と回れば詰んでいました」とあるが、実際に息子はここで龍をまわったのだ。
片上さんはそれに対して23歩と中合。
もちろん同龍と取って何でもない。
ただのはったりである。
「あひゃー」
まさかの一手に息子は頭を抱える。
「詰まさないと負けだよ」という指示が脳から素っ飛ぶほど驚いた息子は、そこで35成銀と引いた。
「オレもこういう経験あるなぁ」
片上さんが幼い頃を思い出したようでしみじみとうなずいた。

息子が大人をむやみに信用しなくなったその時が、壁を超える時であろう。
by inaw | 2009-02-12 03:31

ほくろ

「このほくろ小さいけど取っちゃった方がいいね」

皮膚科の先生が私の右肩を見ながら言った。
「はぁ…」とやる気なく承諾すると「あ、こっちのもね」とその隣にあるほくろも指摘した。
「に、2個ですかぁ…」とビクビクしながら言うと「うん、取っちゃいな」とあっさり返された。
 
縫ったのは肩と言ってもほとんど腕の付け根。
動かすとチクチクする。

ここ数週間30号と大きなキャンバスに絵を描いている。
イーゼル(キャンバスを置く台)に乗せると自分の背丈より大きい。
そのため腕を振り上げながら描かなくてはならない(チビのため)

まぁ、痛みよりも留年の方が怖いので気にせず描いていこう。
by inaw | 2009-02-10 04:53

研究会

今日は我が家で研究会。
息子は2階(リビング)にいながら1階(将棋部屋)が気になって仕方がない様子。

息子「そろそろおわったかな?」
私 「まだだと思うよ」
息子「なんじにおわるの?」
私 「19時じゃないかな」
息子「いま19じ?」
私 「…いや、14時」

電車で遊んでいても突然顔を上げ「ん?いまおとうさんがよんだ」とふらふら階段の方に行こうとする。
もはや空耳が聞こえる始末だ。
「呼んでないよ」と私が言うと、「かえっちゃったらたいへんだよっ!!」と必死な顔をこちらに向ける。
何が大変なんだ。
「大丈夫だよ。終わったら呼んでくれるから」と落ち着かせる。

その後も息子は「19じ、まだ?」を連呼。
「19時はごはんを食べ終わった頃じゃないかな」と言うと、いつもはだらだら食べる夕飯も今日はものすごい勢いで完食。

「終わったよー」

下から旦那の声が聞こえると息子は飛ぶようにリビングを出ていった。

a0100923_532615.jpg









息子、念願の研究会2度目の参加。

前回と変わったところは、盤上。
今回は駒落ちで本将棋を指している。
しかし小さいと敵陣の駒を動かすだけでも大変そうだな。

瀬川さん遠山さん片上さん
そんなわけで息子はとても楽しみにしています。
また指してやってください。
母より。
by inaw | 2009-02-09 05:39