<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ブログ

旦那のブログが新しいデザインに変わった。

秋を早くも先取り!といった色使いのかわいらしいページになった。
もさっとした印象の旦那が、センスのよいさわやかな青年に見えそうだ。
小さな馬を入れてくれたあたりに、gooの方のあたたかい心遣いを感じます。
ありがとうございます。

私はこれからもexciteでがんばって書いていきます。
by inaw | 2009-01-30 10:09

就位式

竜王就位式に行ってきた。

今年の組優勝は関西の棋士が多く、普段見ることができない顔ぶれに表彰台をミーハー気分で眺めていた。
豊島くん(四段)は若くて細くて色白で、今にも倒れてしまいそうでひざかっくんしたくなるタイプだった。
近場の人こそ遅刻するという定説通り、関東在住の阿久津くん(六段)が「いやいやいやどうも」的にひょっこり現れた。

子供参加率が高いこの就位式。
去年は壇上でトーマスを走らせていたが、今年は壇上でカルタ大会が行われていた。
息子を筆頭になぜか揃いも揃って男の子ばかりで、数年経つとむさい集団になるのかなぁと想像する。
小田切さんのところの生徒さん女の子たちがかわいらしく見えた。

梨沙帆さんにインタビューを受ける。
人前に出るのが苦手な人間にテレビカメラなんて無理ですよ。
にやにやすることしかできず、マイクを向けられながら少しずつ後ずさりしていた。
まともに話せなくてごめんなさい。

その代わり一対一では余計なことを喋ってしまう。
増田さん(五段)とお話をし、同じ関西の兄の話になった。
「そういえば竜王戦では兄に勝ってましたよね?」
「いやぁ、でもその後お兄さんに2連敗しましたから」
「じゃあいいとこどりですね」
我ながらアホなツッコミする。
そして口から出たあといつもの後悔。
森内さんとか佐藤さんの奥さんだったらそんなこと言わないだろ。

龍言の方に声を掛けていただく。
龍言 「ぜひ今度ゆっくりとご家族でいらしてください」
私  「そういうことは旦那に言ってやってくださいよ」
龍言(旦那に)「ぜひお忍びでいらしてください」
お忍びって家族以外と行くみたいじゃないですか。

天彦くんが笠井さんなど女の子たちと写真を撮っていた。
シャッターが切られる瞬間に合わせてひざかっくんしてやりたいと思っていたら、偶然にも後藤さんも同じことを考えていたようだ。
くれぐれも後ろには気をつけてください。

いろいろな方に「ブログを見ています」と声を掛けられた。
そのたびにこっぱずかしくなり「ご、ごごごめんなさい…」と言いたくなってしまう。

式が終わり、ホテルの部屋に戻ると化粧がなかなか落ちなくて困った。
毎年、美容院でヘアーメイクをしてもらい、白滝さんの奥さんに着付けをしてもらう。
年を重ねても着物が似合う女にちっともならないくせに、年々化粧のノリだけは着々と悪くなっている。

年に一度、就位式でだけお会いする方がたくさんいる。
同窓会みたいで私はそれが楽しみだったりする。
パレスホテルは建替えのため、2012年まで休館するそうです。
新しくなったホテルの会場には大量の堀りごたつ+全自動麻雀卓が設置され、隅にはゲーセンにある競馬ゲームと東京競馬場顔負けの大画面のテレビが置かれるのでしょうか。
今度はそこでみんなで鍋をつっつきながら日本酒を片手に就位式をしたいですね。

来ていただいた皆さま、このたびはほんとうににありがとうございました。
by inaw | 2009-01-28 10:15

寒い。毎朝、幼稚園までの自転車が寒い。

もうダメ…限界だよ…と真っ赤になったしもやけが訴えています。
あぁ…今日も雨かなぁ…とふくれあがったしもやけがお空を心配しています。
by inaw | 2009-01-23 04:19

お弁当

キャラ弁が流行っている。

キャラ弁とは、子供のお弁当に野菜や海苔などでキャラクターの顔を作って、かわいく仕上げるお弁当のことである。
そして作ったお弁当を写真に撮り、自分のページに載せる。
そういったのを見てすごいなぁと思うと同時に、自分のお弁当と比べてしまい不安になる。
手を掛けてない我が家のお弁当を見たらみんなきっと安心するんだろうな。
こんな感じですよ。

a0100923_435893.jpg









本日のおしながき
・鶏の唐揚げ(大量に揚げて冷凍。朝あわてて甘いタレと煮る)
・さつまいも (昨日の残りの煮物) 
・焼きそば  (大量に作って冷凍。こっそり野菜多め) 
・白米    (本日のメイン。戸辺くんのお父さんが作ったお米)
・いちご   (食後にどうぞ)
by inaw | 2009-01-22 04:40

詰将棋

息子が旦那に詰将棋を作ってとお願いをする。

すると旦那がその場で盤に駒を並べ、適当に3手詰を作る。
たいがい5手詰の変化長手数がある。
指摘をすると「こんなの余詰って言わないよ」と旦那は言う。

別に4歳児に即席で与える詰将棋に完璧なものを作れとは言わない。
けれど変長を認めないプロ棋士に腹が立つ。

旦那は詰将棋を解いていて詰まないとすぐに不詰だと言う。
自分の力を過信しているプロ棋士に腹が立つ。

旦那は毎朝私と息子が幼稚園に出掛けた後に布団から出てくる。
それで睡眠時間が少ないと愚痴をこぼすプロ棋士に腹が立つ。

詰将棋陣の方、これって立派な余詰ですよね?
by inaw | 2009-01-21 06:49

おにぎり

「おにぎり『1つ』は3個入りです」

先日の片上さんのTwitterを見て、一瞬、自分が指摘されたのかと思った。
おにぎりの正しい数え方は「1つ」ではなく「1個」。
「1つ」と言うのは「3個」入りを意味するのですよ。
そう東大生につっこまれているのかと思った。

片上さんが言っていた「おにぎり」の話は順位戦中継のこと。
大阪で対局する加藤先生の夕食「鍋焼きうどん・おにぎり2つ」のことである。

……えっ?うどん+おにぎり6個!?
by inaw | 2009-01-20 10:36

王将戦第1局

美術館でタイトル戦ですか。横に最後の審判ですか。

対局中にふと横を見た時、画面下にいる目を真ん丸くしたカロンと目が合っちゃいそうだなぁ。
だってほら、記録係の後方にオールを構えたカロンが…。
by inaw | 2009-01-19 04:40

おにぎり

手前の3つは息子が作ったおにぎり。

a0100923_4333622.jpg









旦那といい勝負だ。
by inaw | 2009-01-16 04:35

質問

用事があって中野サンプラザへ出掛けていた旦那が、帰ってくるなり開口一番に言った。
「いやぁ、今日はすごい人だったよ」
同じサンプラザ内でハロプロのコンサートが行われていたらしい。

旦那「『チケット売ってください』とか言ってる人がたくさんいてさー」
私 「え?君が言われたの?」
旦那「…言われないよ。だけどあれだね、中澤裕子ってまだコンサート出てるんだね」
私 「なんで中澤裕子が出てたって分かるの?」
旦那「歌が聞こえたから」
私 「歌が聞こえてどうして中澤裕子って分かるの?」
旦那「声とか曲で分かるでしょ」
私 「分かんないよ」
旦那「分かるよ」
私 「分かんないよ」
旦那「分かるよ」
私 「…そんなこと言ってるとみんなに聞いちゃうよ。旦那が中澤…(略)」
旦那「いいよ」
私 「いいのかよ。恥ずかしくないのかよ」
旦那「いいよ」

ほんとかよ。
そんなわけで質問です。
中澤裕子の声を聞き分けられるのは常識なんですか?
あっ、ハロプロおたくの詰将棋陣は答えなくていいですからね。
by inaw | 2009-01-13 00:20

ティラノサウルス

息子が描いたティラノサウルス。

a0100923_1034433.jpg









ではなく旦那が描いたティラノサウルス。
微妙に描いた本人と顔が似ている。

ちなみにティラノサウルスに角はありません。
by inaw | 2009-01-09 10:03