<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

口ぐせ

息子が何かいい提案をした時、「おっ、今いいこと言ったねぇ」と私が言っていたら、
息子にもその口ぐせがうつってしまった。

「いま、いいこといったっ!!」

片手を腰にあて、もう片方の手をびしっとこちらに向けて叫ぶその姿は江頭2:50そのままだ。
ちなみに私はそんなポーズはしていない。
by inaw | 2008-06-30 09:54

伊奈

イナが付く名字はたくさんある。
稲田、稲葉、稲毛、稲川、稲村、稲玉などなど…。
イナだけだと物足りないのか、小さい頃からあだ名でイナの後にいろいろ付けられた。
いなめ、いなめぐ、いなご、いなごん、いないな、いなちゅう、いなりん、いなこなどなど…。

小学生の時、社会の時間で稲作について習うと、早速あだ名が「いなさく」になった。
「稲作」から「稲作農家」になり、さらに「稲作農家協同組合」そして「稲作農家協同組合組長」となった。
あまりにも長くなったそのあだ名は、最終的には後ろの部分だけを取り「組長」となった。

組長て。

東大卒の松本さんはフランス革命1789年7月14日を「いなだ若くないよ」と覚えたとのこと。
私のことを「出雲のイナズマの次ぐらいに若い」とあわててフォローをしているが、
里見さんは私より一回り下なのでちっともフォローになっていません。
失礼千万、無礼きわまりない。
今度遊びに来るときは西原理恵子さんの『毎日母さん3』をお土産に持ってきてください。
by inaw | 2008-06-28 21:37

お土産

戸辺くんからアメリカ土産にトーマスの塗り絵をもらった。

a0100923_13281883.jpg









a0100923_13283332.jpg









ふむ。かくれんぼもできる塗り絵ですか。
by inaw | 2008-06-27 13:32

お土産

旦那の友人から京都土産にワインをいただいた。

a0100923_2254383.jpg












ん?これワインじゃない。
醤油だ。

私の料理にこんな上品な醤油を投入してしまっていいのだろうか……。

心の準備が出来るまでキッチンのインテリアになりそうです。
by inaw | 2008-06-25 22:08

神さま

息子の幼稚園はキリスト教である。

そのため家でもお祈りをする。
しかし「天にいらっしゃる神さま」を「手にいらっしゃる神さま」と言い、「アーメン」を「お目々」と言う。

息子の神さまはずいぶん近くにいるようだ。
by inaw | 2008-06-20 09:56

研究会

息子、研究会に初参加。

a0100923_23464360.jpg









盤上のかたまった駒は金11枚使用してのまわり将棋。
by inaw | 2008-06-18 23:45

amazon

amazonをよく利用する。

ある本を探すと、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」とそれに関連した本も表示される。

ということは私が美術書を買ったついでに『お父さんは心配性』を買ったことも参考にされてしまうのですか?
by inaw | 2008-06-17 03:35

個人面談

幼稚園で個人面談が行われた。

先生 「いつもおうちで何して遊んでいるのかなぁ?」
息子 「はっちんだよ」
先生 「……はっちん?」
私  「あ、将棋のことです」
先生 「将棋するんだぁ!すごいねぇ。将棋以外では何して遊んでいるの?」
息子 「まわりしょうぎ」
先生 「他には?」
息子 「つめしょうぎ」

そんなに将棋が好きかよ。
by inaw | 2008-06-12 11:10

洗濯物

テレビの取材が家に来るため、部屋の掃除をしていた。
おもちゃを片付け、掃除機をかけ、あとはリビングに干してある洗濯物を畳むだけ。
しかし服を半分畳み終えた状況で幼稚園の個人面談に行く時間になってしまった。

「畳んだ服クローゼットにしまっといて。よろしくっ!」

旦那は服を畳むことができない。
けれど気を利かして、まだ干したままの残り半分の服をどこかに移動させるぐらいのことはしてくれるだろう。
そう期待をして家を飛び出した。
15分間の短い個人面談を無事終え、家に戻って来ると洗濯物は干したままだった。
そしてその横で撮影が行われていた。
……………おおおおおいっ。

去年の夏の話。
出先で突然雨に降られ、家にいる旦那に電話を掛け「ベランダに干してある洗濯物寄せといて!」と言った。
帰ってくると半乾きの洗濯物が床に山積みにされていた。
なぜ床に置いてあるのかと尋ねると「取り込んでって言ったから」と答え、
なぜ掛けておいてくれないのかと尋ねると「そんなこと言ってなかったから」と答えた。
悪びれた様子もない旦那に悲しくなり、泣きながらしわくちゃになった服を洗濯機につっこんだ。

梅雨の季節になりましたね。
by inaw | 2008-06-10 23:44

散歩

旦那とまだ付き合いたての頃の話。

うちの実家(静岡県)に遊びに行き、近所の川沿いを2人で散歩をしていた。
背の高い草がわさわさ生え、歩きづらいからそろそろ帰ろうかと話していた時、前方の草がさわさわと動いた。
と、一匹のヘビが顔を出した。

「ぎゃーーーーーーーーー!!!」

旦那は大声を上げながら一目散に逃げた。
その光景を見ていた地元のおばあちゃんが遠くから声を掛けてきた。

「ヘビでも出たかぁ?こんな時期にそんなとこ歩いてたら出るよぉ」

おばあちゃんは笑いながらそう言った。
旦那はぜぇぜぇ息を切らしながらこちらを見ていた。
草むらに独り置いていかれた私はその場に立ち尽くし、『この人と一緒になっても自分の身は自分で守ろう』そう思った。
by inaw | 2008-06-06 10:13